スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれから一年

2010年04月11日 20:05

昨日今日ととてもいい天気で、昨日は3時間、今日は2時間のお散歩が出来ました。
この時期はいろんな花が咲いていたり小鳥が鳴いていたりと、
ただ歩いてるだけでも発見が多い♪

一つの木からいろんな色の花が咲いてる桜。 
1004111.jpg

1004113.jpg

熊太郎が亡くなって、一年たちました。
ちょうど一年前の今日、ちょうど今頃、病院でひとり逝ってしまいました。
最期のとき、甘えん坊の熊たんの側にいてあげられなかった後悔が今も大きく残ります。

最後に写真を撮ったのは、近所の菜の花畑でした。
私の中で菜の花は特別な花になりました。
それについてスペサンと話したことはなかったんだけど、どうやらスペサンもそう思ってるらしい。

熊たんに菜の花をお供えしたくて、近所の畑から菜の花をわけてもらおうかなと思ったんだけど
元気に咲いている菜の花を切るのもかわいそうな気がしたのであきらめ…
スーパーに売られてるまだ蕾の“食用菜の花”を買ってきて、半日陽に当てていたら
1004112.jpg
きれいに咲きました!
蕾だらけの緑菜の花だったのに、たった半日でこんなにきれいに咲くのね!


こちらは一昨年のゴールデンウィークの熊太郎。
1004079_20100411193854.jpg

10040710_20100411193854.jpg
あ~ かわいい熊たん♪ 
もう慣れたと思ってたけど、やっぱりまた会いたいな。


今日、近所の菜の花畑を通ったら…
なんと、刈り取られてた! そんなことなら、分けてもらえばよかったよぉ~
スポンサーサイト

新しい生へ

2009年05月29日 20:42

今日は熊太郎の四十九日。
動物の弔い方を人間と同じようにしたらいけない、と親戚に咎められたばかりだけど
同じ家族と思って過ごしていた自分たちの気持ちのためにも、そんなことは関係ないと思う。
そんなのこっちの自由だよね~ 親戚には「ハイ」と言っておいたけど。

うちは納骨しないし、四十九日法要まできっちりやろうという気はないんだけど、一区切りというかなんとなく。
人で言うと、“四十九日間はこの世とあの世をさまよっているとされ、
この期間は、死から新しい生へと生まれ変わる準備をしている”のだそう。
ってことは、もう天国というかお空へというのか   “遠く” へいってしまうってことなのかな。
そう考えるとまたさみしさが込み上げてくるけど、もう解放してあげないと熊たんがかわいそうだよね。
『新しい生へのうまれかわり』  ん~、素敵な響き♪
これから生まれ変わるんだね。そっかそっか。 くまったーーん、待ってるよぉ~


熊たん、みんなよりちょっと遠くへ行っちゃうんだって。最後にみんなで遊ぼう!
ってことで、リビングでみんで遊びました。
0905293.jpg

みんな集合!   獅子丸がいない…
0905292.jpg

よし、みんな揃った! スペサンの足も^^;
0905294.jpg














熊たんとお別れしてから、
フェレショがあったり、
フェレフェスがあったり、
フェレ友さんが遊びに来てくれたり、
懐かしい人との再会があったりと、
賑やかしい私のまわり。 
フェレたちが繋いでくれた縁みたいなものを、
とてもありがたく感じます。


熊たん、安心してね。
みんな元気にしてるよ。
見守っててね。

0905291.jpg

あれから一か月

2009年05月11日 23:43

0905117.jpg

熊たんが亡くなって一か月がたちました。
スペサンは「早いね~」と言います。
私は長かった気がします。 私はバタバタしてたからなぁ。
いろんな事があったから。

ブログに書いてなかったけど、スペサンのバイクが盗まれました。
十代のころから乗って、いじって、財産をつぎ込んで、青春を注ぎ込んだ、ボロイ方のバイクを盗まれました。
ハンドルも付いてなくて、タイヤの空気も抜けた、素人目には鉄くずなバイクだったのに…
フェレショの前の晩、突然のお別れでした。
その翌週にスペサンのおばあちゃんが危篤、亡くなり、スペサンは胆石で入院…
暗い話ばっかりでもなく、フェレットショーは楽しかったしいい思い出ができました。
そして熊たんの写真がフォトコンテストで1位獲得!
そういえば、獅子丸のお迎え5周年もあったんだった! ごめん、獅子君^^;

1ヶ月で起こったとは思えないほど、盛りだくさんな1か月だったわねぇ。
熊たんはお空でのんびりやっていますか?
懐かしいお友達や初めましてのお友達もいたでしょう?遊び相手はできたかな?
乱暴にしないで、ごあいさつちゃんとすれば一緒に寝てくれるよ。そしたらさみしくないね。
熊たんがいなくなって、ポンちゃんがつまらなさそうにしている時があるよ。
熊たんとポンちゃんの、ゴロゴロお相撲バトルは日課だったもんね。かわいかったよね~
もう痛いところはないよね?助けてあげられなくてごめんね。 時々遊びに来てね。

0905116.jpg
僕も元気にしてるよ。でもちょっとさみしいな。byポン

やっぱり、さみしいね。熊た~ん!さみしいよー!

熊たんの居場所

2009年04月26日 00:44

熊太郎がなくなって2週間がたちました。
途中フェレショがあって、楽しい友達やフェレちゃんたちと触れ合って
気分も大分変わりました^^ 
でも、1人になるとやっぱりまだダメね。
ワクチン注射を打たれる虎の赤ちゃんの嫌がる様子をテレビで見てたらね~
じわぁぁぁん。・;´∧`;・。 病院で注射を頑張った熊たんを思い出す。
でも、そんな日々を過ごしながら、ちょっとずつ進んでいくんだろうね。

獅子君とピクニックに行った時に咲いていた桜
0904246.jpg


熊たんに頂いたたくさんのお花たちは、お役目を終えつつ少しずつ減ってきました。
まだ頑張ってる花を花びんに移し変えて、熊たん祭壇も縮小。
私としてはリビングに居て欲しいんだけど、きっとフェレ部屋のほうが落ち着くだろうから
熊たんがよく野良寝していた場所に棚を作って、そこに安置。
少し高い位置から、フェレズを見守ってもらうことにしました。
0904243.jpg


我が家に来たことある人はわかるかな。
フェレ部屋の窓の横の角っこ。 PCの横ね。
この隅っこにベッドがあって、そこでよく寝ていました。

熊たんにお供えのジャーキーと、私とスペサンに“甘いもの”が届きました。
お気遣い、どうもありがとう。 みんなで仲良く頂きますね。
0904244.jpg
熊たんが居なくなって寂しくてたまらないので、そのうち兄弟のあの子を頂きにまいります。

熊たん 星になったよ 

2009年04月17日 23:48

連日暗い話で申し訳ないけど、今日で一区切りつけます。
フェレ友さんたちからたくさんのお花が届きました。ありがとうございました。
途中に出てくるきれいな花の写真は、頂いた花の写真です。

0904164.jpg

4月16日
熊太郎はお空に昇っていきました。
この日もなじみのフェレ友さんがお別れに来てくれて、
たくさんのフェレ友さんたちの優しい気持ちに見送られて、熊たんは旅立ちました。
19時ごろ、フェレ友さんに教えてもらった移動火葬のペットPaPaさんに来ていただき、
部屋で最後のお別れ。
私とスペサンとフェレ友さんと、フェレズを代表して獅子丸とで火葬の車まで行き、
皆さんから頂いたお花を少しずつもらって、熊太郎の周りに敷き詰めました。
たっくさんのお花だったので、熊太郎はカラフルな花の中にうずもれてとてもメルヘンチック。
お花畑の中で丸まって気持ちよさそうに眠っているようでした。

旅支度は大好きなおやつとフード、皆さんから頂いた熊たんへのコメントのプリントアウトと
プチハンモック(青い小さいの)とおもちゃの一部(ゴムおもちゃは入れられなかったので)とたくさんのお花
プチハンモックは私とスペサンが一日ずつ身につけ、フェレズの寝床に一日入れて
みんなのにおいと毛をたっぷりつけました^^
0904162.jpg

1時間弱くらいたったかな。小さくなった熊太郎が部屋に戻ってきて、お骨上げ。
かわいらしく飾ってもらって、熊たんは姿を変えて安置されました。
火葬前の最後のお別れのときは、どっと溢れるものがあったけど、
火葬が終わるとなぜかすっきりとしたというか、晴れやかな気分もあり。
一日経ってふと、急に寂しさと共に涙が溢れることもあるけどもう大丈夫みたいです。
0904163.jpg

火葬が終わるのを部屋で待っていた時、熊太郎の病理検査の結果を伝える電話がありました。
当初一週間ほどかかると言われていたんだけど、早くわかったみたい。なんかすごいタイミング。
結果はリンパ腫でした。フェレットに多いといわれる、腸間膜リンパ腫。
血液検査でのグロブリンの数値の異常により、リンパ腫が発見されることが多いそうですが、
熊太郎の場合はそこには現れませんでした。稀にこのようなケースがあるそうです。
摘出したブツはリンパ腫のような感触ではなかったそうです。
“稀なケースもある”という説明は受けていたけど、まさかそこに当てはまるとは…

年齢が若かったこともあり、進行が急速だったみたい。
亡くなった直接の原因はリンパ腫そのものというより、それによって体調が悪くなっての
術後の体調変化やショックなどによるものと考えられるみたいです。
この日に火葬も終わり、病理検査の結果も出てひと区切りの日になりました。

葬儀屋さんも驚いたほどのたくさんのお花
遺骨になった熊たんは埋もれてしまって、どこにいるかわかんな~い!
0904165.jpg

熊太郎の生前はもとより、亡くなってからのこの数日で本当にたくさんの方々にお世話になりました。
親身になって私たちのことを案じてくれ、熊たんのこをと祈ってくださり心から感謝しています。
一緒に泣いてくれる人がいるから、話を聞いてくれる人がいるから、私も思いっきり泣くことが出来ました。
今度は笑って思い出話ができるようになりたいです。どうもありがとうございました。
0904166.jpg

日曜日は名古屋のフェレットショーに行きます。
スペサンは仕事で休みが取れなかったので、今回は残念ながらお留守番です。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。