スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あみぐるみと似顔絵

2009年04月27日 08:55

名古屋のフェレットショーで購入した、akia farmさん(あきんこさん)のあみぐるみ。
でかセーブルちゃんと仲間たち^^
0904251.jpg

仲間たちは、フェレばさみの狸吉くんと普通サイズの獅子丸くん。
以前にプレゼントしてもらったものです。
小さい子も可愛いけど、デカイ子もインパクトがあって魅力的♪
表情がほのぼのとしていて、ぬくもりのあるかわいい編みふぇれちゃんです。

でかフェレちゃん、デカイでしょ!
0904253.jpg

あきんこさんの了承をもらって、熊太郎のトレードマーク “お鼻のほくろ”をつけさせてもらい
形見として頂いたおひげをつけさせてもらっちゃった^^  
0904252.jpg
あきんこさん、かわいい熊太郎になったよ~ ありがとう♪

お次は似顔絵!
前回のフェレショでフェレ友さんから教えてもらって、今回書いてもらおうって決めてた
アトリエいたち雲 ケイさんのフェレ似顔絵。
熊太郎、毒が抜けた感じでなんともさわやか(笑)
0904241.jpg

総ちゃんと空ちゃんは、仲良く2匹一緒に描いてもらったよ♪
0904242.jpg

いつもお預かりさせてもらっている総ちゃんと空ちゃん。
実は熊太郎より少し早いある日、空ちゃんはお空の星になりました。
熊たんと空ちゃん、仲良く走り回っているかな?
スポンサーサイト

熊たんの居場所

2009年04月26日 00:44

熊太郎がなくなって2週間がたちました。
途中フェレショがあって、楽しい友達やフェレちゃんたちと触れ合って
気分も大分変わりました^^ 
でも、1人になるとやっぱりまだダメね。
ワクチン注射を打たれる虎の赤ちゃんの嫌がる様子をテレビで見てたらね~
じわぁぁぁん。・;´∧`;・。 病院で注射を頑張った熊たんを思い出す。
でも、そんな日々を過ごしながら、ちょっとずつ進んでいくんだろうね。

獅子君とピクニックに行った時に咲いていた桜
0904246.jpg


熊たんに頂いたたくさんのお花たちは、お役目を終えつつ少しずつ減ってきました。
まだ頑張ってる花を花びんに移し変えて、熊たん祭壇も縮小。
私としてはリビングに居て欲しいんだけど、きっとフェレ部屋のほうが落ち着くだろうから
熊たんがよく野良寝していた場所に棚を作って、そこに安置。
少し高い位置から、フェレズを見守ってもらうことにしました。
0904243.jpg


我が家に来たことある人はわかるかな。
フェレ部屋の窓の横の角っこ。 PCの横ね。
この隅っこにベッドがあって、そこでよく寝ていました。

熊たんにお供えのジャーキーと、私とスペサンに“甘いもの”が届きました。
お気遣い、どうもありがとう。 みんなで仲良く頂きますね。
0904244.jpg
熊たんが居なくなって寂しくてたまらないので、そのうち兄弟のあの子を頂きにまいります。

お楽しみ ピクニック

2009年04月24日 18:11

獅子丸と念願のピクニックに行ってきました。
ちょっと前にやってもらったアニマルコミュニケーション体験で、獅子丸がしきりに言っていたこと
  「ピクニックに行きたい! 他のフェレはナシ、自分だけを連れて行ってほしい」

お花見でそれを実現させようと思っていたんだけど、桜の真っ盛りのころに熊太郎のことがあり、
獅子君には我慢させたり約束を破ってしまったり。
でもやっと、昨日スペサンと私と3人?で、お弁当を持って近くの広い公園に行くことが出来ました。
0904231.jpg

0904234.jpg

獅子丸の要望は、「芝生公園で風を感じたい」
昨日行った公園は、芝生とクローバーなどが青々とした広場があって、とても静かな場所。
獅子丸は大好きなスペサンとピョンピョンと飛び跳ねながら散歩をして、私はその姿を写真に収めたり。
その後レジャーシートを広げてお弁当を食べて、また散歩。そして昼寝。
0904233.jpg

獅子丸は本当にいつもの表情とは違っていて、子供の頃に戻ったような無邪気な顔してたな~。
きっと満足してくれたと思います。私もとても楽しいいい時間を過ごすことが出来てよかった♪
また行こうね!
0904232.jpg

そういえば、アニマルコミュニケーション体験記が完結してなかった…
そのうちやります。

第20回 フェレショ結果報告~

2009年04月22日 05:37

フェレ友さんにお借りして、フェレ友さんに組み立ててもらったサークルで(ありがとう^^)
スヤスヤとお休み中のSISI'S組 
0904192.jpg
エントリーしていないこっちゅん先生(一番右)は、ハーネス宣伝本部長。でも、寝てる…

ひまちゃん、〈ブラックミット・ローンミット〉の審査中。
優しいジャッジさんは、審査中もフェレとニコニコ、お話しながら審査していらっしゃいました^^
見ているほうも、嬉しくなる審査風景。
0904201.jpg
まともに審査を見たのはこれだけ…
他は、フェレ友さんにお願いしたり、キャリー預けたまま…だったり。ごめんね。

で、結果。

【獅子丸】
チャンピオンシップ・シニア
Ring1 67.6pt かわいい目、筋肉必要、尻尾がねじれている
Ring2 62.8pt ソフトコート、大きな目、十分に厚みのない助骨形
Ring3 70.3pt ナイスシャンペン、ナイスマズル、ナイスアイ、平均的骨格、筋肉欲しい
         歯肉に炎症少しあり、扁平なあばら、大人しい子

スペシャリティー・スーパーシニア 14位/17頭
   ナイス ビッグ アイズ、骨の筋肉が必要
スペシャリティー・シャンペン(黄色いロゼッタ) 6位/19頭
   手入れ良好、黄ばみ、5歳超えてこの毛は手入れがいいです

カラースペシャリティー インビテーショナル(カラフル ビッグなロゼッタ!)92.8pt  9位/38頭
   ナイスソフトコート、首の後ろの毛まばら、年齢的にとてもよいコンディション

【ひまわり】
チャンピオンシップ・シニア
Ring1 70.5pt かわいい目、軽い骨、ソフトコート、筋肉必要、よい性格
Ring2 63.8pt 筋肉必要、ソフトコート
Ring3 78.4pt ナイスマズル、ナイスアイ、ソフトコート、筋肉欲しい
         扁平なあばら、おとなしいよい子、遊び好き

スペシャリティー・ブラックローンミット(黒いロゼッタ) 7位/24頭
【狸吉】
チャンピオンシップ・アダルトホブ
Ring1 79.9pt ナイスアイズ、体細い、次回歯石を取りましょう、もう少し体重必要、遊び好きのとてもよい子
Ring2 71.2pt 大きくきれいな目、ドライコート、もう少し筋肉必要、形のよい助骨、やんちゃ、
         歯石付きかけ、遊び好き
Ring3 73.1pt  ナイスビッグアイズ、も少し筋肉欲しい、歯石あり、クリーンコート、遊び好き

スペシャリティー・セーブルホブ(茶色いロゼッタ) 70.6pt 6位/16頭
スタンダードな目/鼻、不均一な被毛、毛変わり、ドライコート
よく眠っていました。可愛い子でした。


0904191.jpg

【熊太郎】
会場にて、「熊太郎君に…」と、お花を戴きました。(右側のお花)
そして、たくさんのおやつやおもちゃなどのお供えも戴きました。
ああ、なんてありがたいことなの(涙)
熊たん、あなた、思った以上に大人気だったみたいよ^^ 嬉しいね、私も嬉しいよ。

ショーカタログに載っている熊太郎の名前を見ると、泣けてきました。
ショーに参加は叶わなかったけど、こうしてたくさんの人に愛されていて、幸せだったね。
どうもありがとうございました。

帰宅したら、ペット火葬をお願いしたぺっとPaPaさんからお花が届いていました。(左側のお花)
紹介があると、お花が届くそうです。
0904195.jpg

さて、次回は浜松!

第20回 フェレットショーin名古屋

2009年04月21日 19:53

4月18,19日 名古屋にてフェレットショーが開催されました。
我が家は19日のみ参加、フェレ友さん二人と車で名古屋まで行きましたよ~
18日22時ごろ我が家へ集まって、ちょっと仮眠。
午前2時過ぎに出発しました。
途中のサービスエリアで休憩中… 荷物満載の車、ワンボックスワゴン車だけど、実は軽…
0904212.jpg
荷物満載すぎて、燃費がめちゃめちゃ悪かった^^;
先日名古屋から走ったときよりも、給油回数1回分多かったです。

今回もフェレ友さんと一緒にショップを出店。
0904196.jpg
いつものバイト君(スペサン)がこれなかったのだけど、みんなに助けてもらってうまくいきました。
荷物運びやフェレのサークルの設営、入場前の健康チェックやエントリーまで代わりにやってもらって
とってもとっても助かりました。本当にありがとう!
いろんなことが気づいた時には済んでいて、あらびっくり。誰かがやってくれていたのね~
お陰さまで、フェレたちのこともショップのことも、何とかうまくいきました♪

ブースの周りにはいろんな人が遊びに来てくれたり、フェレ友さんたちとワイワイやって
とても楽しかったです。
熊たんが亡くなって間もなかったけど、フェレショに参加することに迷いはありませんでした。
熊たんも他の子たちもエントリーしていたし、お世話になったフェレ友さんにもお礼を言いたかったし、
なにより元気をくれるフェレズやフェレ飼いさんたちに会いたかったから。
会場では熊太郎の写真を見てもらって、思い出話もできました。
熊たんのお陰で、大事なことを再確認。みなさま、本当にありがとうございますデス。

あきんこさんの【akia farm】 かわいい編みフェレちゃんがいっぱい
0904193.jpg

ぱすちゃんの【Triple★Ferret】 粘土フェレ雑貨やけしごむハンコ&雑貨がいっぱい
0904194.jpg

毎度毎度、たっくさんの差し入れも頂きました。どうもありがとうございました。
会場で食べちゃったのもあって、写真に残ってないものも…
0904199.jpg
こんなにたくさん戴いたのにさぁ、アホチンな私はもっていったお土産などなど渡し忘れてたのです。
気づいた時にはすでに遅し… 

購入したもの&抽選会、ビンゴでゲットしたもの!
0904198.jpg
≪買った物≫
大ファンのTriple★Ferretさんの粘土フェレちゃん&消しハンコ、箱ティッシュのカバー。
どれにしようか迷ったakia farmさんのデカ編みフェレちゃんと、ストラップ。
使いやすくてかわいいPeach Godillaさんのお皿とグラス
≪抽選&ビンゴ≫
アトリエフィーネさんのフェレ似顔絵色紙 なんと2つ!
テクニケアフード、かわいいフェレのメモ帳、フェレのイラスト(写真撮り忘れた)
今回はくじ運がとってもよかった!! お土産が多くて、ウハウハでした。

で、気になるフェレたちの活躍ぶりは… 後ほど~!
1904201.jpg


熊たん 星になったよ 

2009年04月17日 23:48

連日暗い話で申し訳ないけど、今日で一区切りつけます。
フェレ友さんたちからたくさんのお花が届きました。ありがとうございました。
途中に出てくるきれいな花の写真は、頂いた花の写真です。

0904164.jpg

4月16日
熊太郎はお空に昇っていきました。
この日もなじみのフェレ友さんがお別れに来てくれて、
たくさんのフェレ友さんたちの優しい気持ちに見送られて、熊たんは旅立ちました。
19時ごろ、フェレ友さんに教えてもらった移動火葬のペットPaPaさんに来ていただき、
部屋で最後のお別れ。
私とスペサンとフェレ友さんと、フェレズを代表して獅子丸とで火葬の車まで行き、
皆さんから頂いたお花を少しずつもらって、熊太郎の周りに敷き詰めました。
たっくさんのお花だったので、熊太郎はカラフルな花の中にうずもれてとてもメルヘンチック。
お花畑の中で丸まって気持ちよさそうに眠っているようでした。

旅支度は大好きなおやつとフード、皆さんから頂いた熊たんへのコメントのプリントアウトと
プチハンモック(青い小さいの)とおもちゃの一部(ゴムおもちゃは入れられなかったので)とたくさんのお花
プチハンモックは私とスペサンが一日ずつ身につけ、フェレズの寝床に一日入れて
みんなのにおいと毛をたっぷりつけました^^
0904162.jpg

1時間弱くらいたったかな。小さくなった熊太郎が部屋に戻ってきて、お骨上げ。
かわいらしく飾ってもらって、熊たんは姿を変えて安置されました。
火葬前の最後のお別れのときは、どっと溢れるものがあったけど、
火葬が終わるとなぜかすっきりとしたというか、晴れやかな気分もあり。
一日経ってふと、急に寂しさと共に涙が溢れることもあるけどもう大丈夫みたいです。
0904163.jpg

火葬が終わるのを部屋で待っていた時、熊太郎の病理検査の結果を伝える電話がありました。
当初一週間ほどかかると言われていたんだけど、早くわかったみたい。なんかすごいタイミング。
結果はリンパ腫でした。フェレットに多いといわれる、腸間膜リンパ腫。
血液検査でのグロブリンの数値の異常により、リンパ腫が発見されることが多いそうですが、
熊太郎の場合はそこには現れませんでした。稀にこのようなケースがあるそうです。
摘出したブツはリンパ腫のような感触ではなかったそうです。
“稀なケースもある”という説明は受けていたけど、まさかそこに当てはまるとは…

年齢が若かったこともあり、進行が急速だったみたい。
亡くなった直接の原因はリンパ腫そのものというより、それによって体調が悪くなっての
術後の体調変化やショックなどによるものと考えられるみたいです。
この日に火葬も終わり、病理検査の結果も出てひと区切りの日になりました。

葬儀屋さんも驚いたほどのたくさんのお花
遺骨になった熊たんは埋もれてしまって、どこにいるかわかんな~い!
0904165.jpg

熊太郎の生前はもとより、亡くなってからのこの数日で本当にたくさんの方々にお世話になりました。
親身になって私たちのことを案じてくれ、熊たんのこをと祈ってくださり心から感謝しています。
一緒に泣いてくれる人がいるから、話を聞いてくれる人がいるから、私も思いっきり泣くことが出来ました。
今度は笑って思い出話ができるようになりたいです。どうもありがとうございました。
0904166.jpg

日曜日は名古屋のフェレットショーに行きます。
スペサンは仕事で休みが取れなかったので、今回は残念ながらお留守番です。

がんばったね ありがとう、熊たん

2009年04月16日 06:34

あと14時間後くらいで、熊太郎はお空に昇ります。
11日に亡くなってゆっくりお別れの準備をしてきてきた積もりだけど、やっぱり当日になるとだめねぇ。
ここに寝ているのがだんだん当たり前になってきた今日この頃、
それと共に気持ちもだんだん落ち着いてきてると思うんだけど、
毎日ナデナデして、肉球モミモミして、お耳をフニャフニャとさわって…
触れられなくなるという寂しさ、考えなきゃいいんだろうけどだめねぇ。

フェレ友さんたちからたくさんのお花が届きました。ありがとうございました。
途中に出てくるきれいな花の写真は、頂いた花の写真です。
0904139.jpg
熊太郎が頑張ったことを忘れたくないので、記憶にあることをダラダラと書いています。
あまり気分のいいお話でもないし、明るい話でもないのでお気をつけください。私の備忘録です


4月11日(土)
お昼過ぎから手術開始とのこと。
連絡を待ちながら過ごし、午後の面会可能時間16時に間に合うように病院へ。
土曜日ということもあってとても混みあっていて、ちょっと待ってから診察室で面会。
手術の後は麻酔でボーッとしてるって聞いてたけど、全くそんなことはなくて
一目見て、麻酔の心配や手術の心配は吹っ飛ぶほどによく動く熊たん。
押さえていないと診察台から落っこちてしまうんじゃないかなってほどだった。
若い先生から手術の簡単な説明を聞いていると、奥から執刀した院長先生がきて
熊たんのお腹の中の写真を見せてくれた。プリントアウトしてもらうようにお願いした。

開腹してわかったことは、触診でもわかりエコーではっきりと映っていたブツは、
腸間膜というところに白く出来ていました。
それを切って取り出すと、プリッとした物がでてきて房状に3つほどあったそうです。
触った感じではリンパ肉腫などではなさそうだったそうです。(リンパ腫だともっと硬いらしい)
リンパ球の感じからも、リンパ腫ではなさそうとのことで、ブツは病理検査にまわされました。
あとは腸。腸炎を起こしていて、腸壁が薄くなっていました。これでは腸から栄養が吸収できない…
脾臓はちょっと腫れていたけど、とてもきれいで全く心配なし。
他の臓器もとてもきれいで、問題ナシだったそうです。

驚いたのは切ったお腹の傷。全く糸が見えなくて、縦に線があるだけ。
溶ける糸で内側に縫ってあるそうで、療養中に引っかいたりすることもないし
抜糸もいらない、傷も目立たなくて回復も早いそうです。
今日は手術直後ということもあり、面会は短めに~と言われ、5分ほどでおしまい。
でも別れがたくてねぇ。抱っこは出来なかったけど、最後までナデナデして
扉の向こうへ見えなくなるまで手を振りました。 それが最期になってしまいました。
あの時、抱っこしてあげたかったな。

09041310.jpg

休診日である日曜日でも、時間を決めれば面会できますよと言われ、
とりあえず詳しい話は月曜日に~と言って、先生達にお礼を行って病院を出ました。
ここ数日の病院帰りはいつも泣きながらの運転だったけど、今日はとてもいい気分。
帰りに買い物をしながら、ゆっくり帰宅。

夕飯の支度をしていた20時半ごろ電話が鳴りました。
全く予期していなかった電話、「○○動物病院ですけど…」
こんな時間に今夜の様子を報告してくれるのか~♪なんて思うほど危機感はなかった。
「熊太郎君の呼吸が止まってしまって  蘇生措置をしているのですが すぐこれますか? 
気を付けて来てください。」
すぐに家を飛び出してすぐ近くのスペサンの職場に行きました。
就業にはまだ早い時間だったけど、今日は早めに終わったらしくグッドタイミング。
私は運転できる状態ではなかったので、スペサンが代わってくれた。
1時間ほどかかる病院へ向かいました。 すごく遠く感じました。

0904141.jpg

診察室に通され、熊たんは大好きだったリラックマの黄色いお布団に包まれて
私たちの目の前に置かれました。
まだ温かかった。目を開けそうだった。モゾモゾ動きそうだった。
手には白っぽい花と紫の花と薄ピンクの花を持たせてもらっていて、眠ったまま。
私たちの熊たんのはずなんだけど、なぜか先生に抱っこしてもいいか聞いた私。
何でそんなこと聞いたんだろう。
後ろ足の方から硬直が始まってたけど、やっぱり信じられなかった。

手術後何が起こったのか。はっきりいってわかりません。
特に目に見える問題はなかったみたい。
元気とはいえなかったけど、自分で水を飲んでいたって。呼吸が少し荒かったって。
伸びのポーズで眠ってて、そのままの形で呼吸が止まっていたそうです。
苦しんだり叫んだり、痙攣したり尻尾爆発したりはなかったそうです。
家族のだれもいない、病院の入院部屋で、寂しがり屋の熊太郎はひとりで逝ってしまいました。

0904145.jpg

病院からの帰り、スペサンは運転できないほどになってしまったのか熊たんを抱えたまま助手席へ。
病院へ向かう時は泣かないで頑張って運転してくれたからね。

0904144.jpg

はっきりした“死因”というものはわからないまま。
お腹にあった異物が原因だったのか、手術中に何か起こっていたのか、
手術後に見えない何かの異変があったのか…
先生の口からは、“免疫性の…”とか“先天的な…”とか、そんな言葉がありました。
病理検査の結果は一週間ほどで出るそうです。

亡くなってすぐは、死因がなんなのかなんて考える余裕はなかったけど
少しずつ冷静になってくると、いろいろと疑問がでてきます。
“フェレット”“腸間膜”で検索すると、たくさんヒットしますね。
私が知らなかっただけ。

切った事で“腸間膜”という要因が出てきたわけだけど…
熊太郎が頑張ったこの数日間にやってきたことは、先生も私もスペサンも含めて、
熊太郎が元気になるようにと思ってやってきたことだから、それについて後悔しちゃいけないと思う。
みんなそれぞれ一生懸命だった。
先生にも感謝、フェレ友さんにも感謝、この間いい子にしててくれたフェレズにも感謝、スペサンにも感謝。
病理検査で何かわかるのかな。 わかってももう遅いけど。 ごめんね、助けてあげられなくて。
0904142.jpg
あと12時間ほどで、お別れ。雨が降らないといいけどなぁ。

熊太郎のことを思って送ってくださったたくさんのお花たち。
かわいい熊のぬいぐるみが付いていたり、ちっちゃい熊ちゃんが覗いていたり。
元気な熊太郎君のイメージ、明るいイメージ、熊たんが遊んでくれそうなかわいいお花などなど…
みなさんがそれぞれ熊たんのことを考えてくださったこと、本当に感謝しています。
私も元気になれます。どうもありがとうございました。

短い短い闘病記

2009年04月14日 19:55

熊たんの短い短い闘病記録です。
“闘病”と書いてみたものの、あまりにあっけなく終わってしまい、病気だったのかもよくわからん。
火葬屋さんに「病気で亡くなったのですが?」と聞かれ、初めて病気で亡くなったんだと自覚しました。

フェレ友さんたちからたくさんのお花が届きました。ありがとうございました。
途中に出てくるきれいな花の写真は、頂いた花の写真です。
0904132.jpg

3月28日(土) 体重1170g
前日吐き気があったので病院に行き、検査。
血液検査では肝臓に関する数値(GPT 356 基準82~289)が高かった程度。
他には特に注視するところはナシ。
(後から検査結果を良く見たら、赤血球が低かったが4/9の検査では基準値内)
肝臓のお薬と吐き気止めを処方されました。

4月4日(土) 体重1090g 病院へ
虚脱感、吐き気があるので病院へ。
ご飯が食べられないなら入院して点滴を…と勧められたけど、
かなりの甘えん坊寂しがりやということもあり、ふやかしフードを食べていたので自宅療養に。
この日にお腹の真ん中辺りにしこりのようなものがあるのがわかったので、確認してもらう。
触診では「これは腎臓ですね~」と最初は和やかだったんだけど、だんだん???に。
上の先生に来てもらって触診してもらうと、リンパが腫れている気もするけど…と。
吐き気があったり肝臓に負担がかかってるとリンパが腫れることもあるから、
処方している吐き気止めや抗生剤を飲んでそっちが治まれば、リンパも治まるでしょう、と。
それでも治まらなかったら、リンパ腫の詳しい検査に進みましょう、と。

栄養分を皮下注射。20ml必要だったけど途中で嫌がって15ml。
吐き気止めを注射。他1本注射。 3本も注射を頑張った熊たん。
よく頑張ったね。ごめんね。

注射を打つ先生、熊たんを抑える先生、顔は私のほうをむいてて、
私は頬をさすったり大好きな手の肉球モミモミをしながら気を紛らわしてあげる。
先生も、「熊ちゃーん、偉いね~がんばってね~」って声をかけてくれた。
注射が終わったら私のお腹のところに突っ込んできて、服の中に顔を入れて
隠れちゃった。お尻は見えてるよ~って、先生達と笑う。
本当に良く頑張ったね。いたかったよね。ごめんね。

血液検査でリンパ腫に係わる数値に異常がなかったこともあり、あまり深刻に考えてはいませんでした。
ここ数日忙しかったこともあり、かまってあげる時間が少なく
甘えん坊だった熊太郎はすねちゃって、それで体調が悪いのかな~と思うくらいでした。
0904133.jpg

4月7日(火) 体重1080g 病院へ。
虚脱感、吐き気治まらず。 
栄養分を皮下注射 10ml。途中嫌がったけど、今日は全部頑張った。
偉かったね。ごめんね。
今日もこの前と同じように注射中は顔を私のほうに向けて、手をモミモミ。
あの不安そうな顔を思い出すと胸が痛いです。

ご飯をあまり食べない、吐き気はあるけど嘔吐物はない、ウンチ少量
こんな症状から、異物を飲んだ?毛玉詰まり?胃潰瘍?かな~なんて思っていました。

4月8日(水) 自宅
日中はミルクや卵黄を食べたけど、夜になりミルクも食べなくなる。
翌朝、ウンチがタールっぽくなってきたので病院に行くことにする。入院の準備をして。
0904136.jpg

4月9日(木) 体重1067g 病院へ。 入院。
スペサン休みだったので朝一で一緒に病院へ。
先生から入院を勧められ、その覚悟で来たことを伝える。
大好きなりらっくまのお布団と、寝袋、キャリーごと預ける。入院の部屋を見せてもらう。
熊たんは左上のお部屋。隣にはフェレ2匹が点滴中。下にもフェレ1匹。

何の注射だったかなぁ、忘れてしまったけどいつものように注射。
終わったら私のところへ飛んできて、肩まで駆け上がる。
スペサンがすぐ抱きかかえて、抱きしめてた。
注射をされる熊たんを初めて見たスペサンはショックが大きかったみたい。
入院の部屋は見に行かず、外でタバコ。二人で車の中で泣いた。
泣くの早いのにね~って。スペサンが泣くから、私も泣けたんだよ。
1人の時は我慢できてたのに。

入院前に自宅にて撮影。 しんどそうな熊たんと、心配してる?虎介&狸吉
0904091.jpg

熊たん、お腹痛いの?
09040910.jpg

09040912.jpg

0904099.jpg

病院途中の菜の花畑にて。春の風を感じられたかな?
0904092.jpg



4月10日(金)
病院からの緊急出動要請に備えて、バイクを整備するためにスペサンは職場へ。
昼、病院から電話。
エコーで検査したところ、お腹の異物(私が訪ねていたしこり)が怪しいとの事。
房状に繋がった丸いものが3つ4つ。合計の大きさで3cmくらい。
試験開腹して、取れるなら取りたいとの事。
夕方お見舞いに行くので、その時に詳しい話をすると言って、電話を切った。

スペサンが帰ってきてから、セカンドオピニオンを受ける話をする。
16時の診察時間に合わせて病院へ。
病院でフェレ友さんと偶然会って、一緒に病状を聞いたところ、
明日にでも手術したい、今の熊たんの体力なら十分大丈夫、少しでも元気なうちに…
との話を聞き、ちょっと時間をもらって考えて、手術をお願いしました。

平日だったこともあり患者さんは少なく、待合室でゆっくり熊たんと過ごしました。
15分、20分くらいかな~ 点滴記念撮影もしました。
手術して、元気に帰ってくることを誰も疑わなかったからね。
何だかんだいって、元気になるんだろ~って、信じて疑わなかったからね。
病院の待合室にて。右手に点滴の管。最後の写真になってしまいました。
0904101.jpg

この後、土曜日に手術をするわけですが… また今度書きます。
0904138.jpg
心温まるメッセージやたくさんのお花をありがとうございます。
明日16日の夕方にお空に送ることに決めました。


かわいい熊太郎が亡くなりました

2009年04月14日 18:42

かわいいかわいい熊太郎が亡くなりました。
4月11日 20時30分ごろ 病院でなくなりました。
3歳9ヶ月18日 あっという間にお別れでした。

はっきりとした原因はわかっていません。
お腹に何か得体の知れない物が出来てしまって、開腹してみないとわからない。
本来臓器のないところに何か房状の物が出来ている。
エコーでは3センチくらいあるように見える。
フェレットの患者さんの多い病院なんだけど、犬猫でも見ないレアケースとのことでした。
レアケースと聞いて、セカンドオピニオンをしたいと思いその旨先生に話そうと思ったんだけど、
だるそうにしている熊太郎をそこから2時間かかる都内の病院に連れて行き、
検査を受けさせる余裕はないように感じたので、いつものかかりつけにお願いしました。
(かかり付けの先生を信頼してないわけじゃなく、セカンドオピニオンで話を聞いて
自分達なりに納得して手術をしたいなという思いがあったので。)

熊太郎にたくさんのお花が届きました。ありがとうございました。
途中に出てくるきれいなお花は、頂いたお花の写真です。
0904121.jpg

手術は無事に成功でした。
手術でまず心配になる麻酔、これも難なくクリア。
夕方面会した時は、意識はっきりモゾモゾ動き回っていたのでホッと一安心。

ところが、その夜、嫌な電話がかかってきました。病院から。
スペサンを職場まで迎えに行き、一緒に病院へ。
1時間ほどかかります。 間に合いませんでした。

0904137.jpg

詳しい話はまた後で書きます。
報告が遅くなってしまって、すみません。
生前はたくさんの人たちに愛されて、かわいがられ、幸せなフェレットでした。
大きな体で愛嬌のある、とても甘えん坊で恐がりで、どん臭くて、愛すべきフェレットでした。
あまりにも短い闘病というか、通院で、病気になったという実感もありません。
病気で亡くなったのか、何で亡くなったのか、本当に亡くなったのかもわかりません。
でも、冷たくなってしまって、起きてくれません。
入院しちゃったけど、元気になったよーっていう日記を書けると思っていましたので、
詳しいことがわかってから報告しようと思っていました。
そんわけで、報告が遅くなり申し訳ないです。

今日はこのくらいで。 また詳しい話を書きます。

このずーっと下に、熊太郎が永遠の眠りに付いた写真があります。
かわいいかわいい寝顔ですが、ご覧になりたい方だけ進んでくださいね。
0904139.jpg

































たくさんのお花をありがとうございました。
0904131.jpg

もうちょっと下にアップの写真があります。










かわいいでしょ~♪
0904111.jpg

かわいい熊たん、おやすみなさい^^
0904112.jpg




大阪、神戸、京都 さらっと三都物語!

2009年04月07日 14:28

3月末、スペサンの友人の結婚式で神戸に行ってきました。
二人で飛行機となると出費がかなり痛いので車移動と決めていたんだけど、
そこへまさかの高速料金のETC割引!
埼玉→大阪はなんと1500円(軽自動車^^;)でした~♪
23時過ぎに埼玉を出発、途中ゆっくりと仮眠を取りながら翌11時ごろ大阪へ。

神戸は私の思い出の地で、約7年住んだけどもう一度住みたい大好きな地。
初日は関西に住むフェレ友さんに会って、大阪で中華バイキングに行ったり
軽ワゴン車には苦しい峠を攻めてみたり(最高の夜景をチラ見出来るというオマケ付き)
すごくおいしい鉄板焼き屋さんに連れて行ってもらったりと、充実の一日。
ここの鉄板焼き屋さんは本当においしくて、この店の為に近所に住みたいと思ったほど。
値段も安いし、ああ、いいなぁ~ 住みたい。食べたい。

結婚式、友人との再会を楽しんだ後…さてどうしよう。全く無計画の旅。
当初、四国へ行って讃岐うどんを食べるという無謀計画をしてたんだけど、
イレギュラーな予定が入ったりして時間がなくなってしまったので、とりあえず京都へ向かうことに。
二人とも金閣寺を見たことがなかったので、金閣寺を目指し。

で、金閣寺。 ドーン!
0904027.jpg


0904021.jpg

一番上には鳳凰が。
0904023.jpg

敷地内のお茶屋さんにて。お抹茶と和三盆のお菓子。(セットで500円)
写真ではわかりにくいけど、金閣寺が模ってあり金箔がチラリ。
(わかりにくいっちゅーか、全くわからない^^;)
0904024_20090406142346.jpg

手入れの行き届いた庭園をゆっくり回り、後半はお土産屋さんや茶屋などを楽しみ…

二週目の金閣寺
0904026.jpg
当たり前だけど、さっきと一緒~
さっきのと同じ写真ではないのよ。違いがわかるかね?


金閣寺の側の洋食屋さんでランチをとりました。
金閣寺を出て駐車場と反対側、龍安寺や仁和寺があるほうへ徒歩1分くらいのところにある
“いただき”というお店。
京野菜や地の物を使ったとてもおいしい洋食屋さん。
観光客や地元の人で溢れていて、私たちが出る頃には行列が出来てた。
偶然入った店だったけど、大当たりのお店でした♪
ボリュームたっぷりで、ランチは980円~ 写真のランチは1280円だったかな?
0904025.jpg

0904028.jpg

【洋食屋 いただきⅡ】 食べログサイト

全くの無計画旅行、せっかくの京都なのにガイドブックもなく思いつきでフラフラ~っと
龍安寺、北野天満宮、平安神宮散策。飛び入りゲストを向かえ…
その後なぜかの名古屋城めぐりへと続きます。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。