スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんばったね ありがとう、熊たん

2009年04月16日 06:34

あと14時間後くらいで、熊太郎はお空に昇ります。
11日に亡くなってゆっくりお別れの準備をしてきてきた積もりだけど、やっぱり当日になるとだめねぇ。
ここに寝ているのがだんだん当たり前になってきた今日この頃、
それと共に気持ちもだんだん落ち着いてきてると思うんだけど、
毎日ナデナデして、肉球モミモミして、お耳をフニャフニャとさわって…
触れられなくなるという寂しさ、考えなきゃいいんだろうけどだめねぇ。

フェレ友さんたちからたくさんのお花が届きました。ありがとうございました。
途中に出てくるきれいな花の写真は、頂いた花の写真です。
0904139.jpg
熊太郎が頑張ったことを忘れたくないので、記憶にあることをダラダラと書いています。
あまり気分のいいお話でもないし、明るい話でもないのでお気をつけください。私の備忘録です


4月11日(土)
お昼過ぎから手術開始とのこと。
連絡を待ちながら過ごし、午後の面会可能時間16時に間に合うように病院へ。
土曜日ということもあってとても混みあっていて、ちょっと待ってから診察室で面会。
手術の後は麻酔でボーッとしてるって聞いてたけど、全くそんなことはなくて
一目見て、麻酔の心配や手術の心配は吹っ飛ぶほどによく動く熊たん。
押さえていないと診察台から落っこちてしまうんじゃないかなってほどだった。
若い先生から手術の簡単な説明を聞いていると、奥から執刀した院長先生がきて
熊たんのお腹の中の写真を見せてくれた。プリントアウトしてもらうようにお願いした。

開腹してわかったことは、触診でもわかりエコーではっきりと映っていたブツは、
腸間膜というところに白く出来ていました。
それを切って取り出すと、プリッとした物がでてきて房状に3つほどあったそうです。
触った感じではリンパ肉腫などではなさそうだったそうです。(リンパ腫だともっと硬いらしい)
リンパ球の感じからも、リンパ腫ではなさそうとのことで、ブツは病理検査にまわされました。
あとは腸。腸炎を起こしていて、腸壁が薄くなっていました。これでは腸から栄養が吸収できない…
脾臓はちょっと腫れていたけど、とてもきれいで全く心配なし。
他の臓器もとてもきれいで、問題ナシだったそうです。

驚いたのは切ったお腹の傷。全く糸が見えなくて、縦に線があるだけ。
溶ける糸で内側に縫ってあるそうで、療養中に引っかいたりすることもないし
抜糸もいらない、傷も目立たなくて回復も早いそうです。
今日は手術直後ということもあり、面会は短めに~と言われ、5分ほどでおしまい。
でも別れがたくてねぇ。抱っこは出来なかったけど、最後までナデナデして
扉の向こうへ見えなくなるまで手を振りました。 それが最期になってしまいました。
あの時、抱っこしてあげたかったな。

09041310.jpg

休診日である日曜日でも、時間を決めれば面会できますよと言われ、
とりあえず詳しい話は月曜日に~と言って、先生達にお礼を行って病院を出ました。
ここ数日の病院帰りはいつも泣きながらの運転だったけど、今日はとてもいい気分。
帰りに買い物をしながら、ゆっくり帰宅。

夕飯の支度をしていた20時半ごろ電話が鳴りました。
全く予期していなかった電話、「○○動物病院ですけど…」
こんな時間に今夜の様子を報告してくれるのか~♪なんて思うほど危機感はなかった。
「熊太郎君の呼吸が止まってしまって  蘇生措置をしているのですが すぐこれますか? 
気を付けて来てください。」
すぐに家を飛び出してすぐ近くのスペサンの職場に行きました。
就業にはまだ早い時間だったけど、今日は早めに終わったらしくグッドタイミング。
私は運転できる状態ではなかったので、スペサンが代わってくれた。
1時間ほどかかる病院へ向かいました。 すごく遠く感じました。

0904141.jpg

診察室に通され、熊たんは大好きだったリラックマの黄色いお布団に包まれて
私たちの目の前に置かれました。
まだ温かかった。目を開けそうだった。モゾモゾ動きそうだった。
手には白っぽい花と紫の花と薄ピンクの花を持たせてもらっていて、眠ったまま。
私たちの熊たんのはずなんだけど、なぜか先生に抱っこしてもいいか聞いた私。
何でそんなこと聞いたんだろう。
後ろ足の方から硬直が始まってたけど、やっぱり信じられなかった。

手術後何が起こったのか。はっきりいってわかりません。
特に目に見える問題はなかったみたい。
元気とはいえなかったけど、自分で水を飲んでいたって。呼吸が少し荒かったって。
伸びのポーズで眠ってて、そのままの形で呼吸が止まっていたそうです。
苦しんだり叫んだり、痙攣したり尻尾爆発したりはなかったそうです。
家族のだれもいない、病院の入院部屋で、寂しがり屋の熊太郎はひとりで逝ってしまいました。

0904145.jpg

病院からの帰り、スペサンは運転できないほどになってしまったのか熊たんを抱えたまま助手席へ。
病院へ向かう時は泣かないで頑張って運転してくれたからね。

0904144.jpg

はっきりした“死因”というものはわからないまま。
お腹にあった異物が原因だったのか、手術中に何か起こっていたのか、
手術後に見えない何かの異変があったのか…
先生の口からは、“免疫性の…”とか“先天的な…”とか、そんな言葉がありました。
病理検査の結果は一週間ほどで出るそうです。

亡くなってすぐは、死因がなんなのかなんて考える余裕はなかったけど
少しずつ冷静になってくると、いろいろと疑問がでてきます。
“フェレット”“腸間膜”で検索すると、たくさんヒットしますね。
私が知らなかっただけ。

切った事で“腸間膜”という要因が出てきたわけだけど…
熊太郎が頑張ったこの数日間にやってきたことは、先生も私もスペサンも含めて、
熊太郎が元気になるようにと思ってやってきたことだから、それについて後悔しちゃいけないと思う。
みんなそれぞれ一生懸命だった。
先生にも感謝、フェレ友さんにも感謝、この間いい子にしててくれたフェレズにも感謝、スペサンにも感謝。
病理検査で何かわかるのかな。 わかってももう遅いけど。 ごめんね、助けてあげられなくて。
0904142.jpg
あと12時間ほどで、お別れ。雨が降らないといいけどなぁ。

熊太郎のことを思って送ってくださったたくさんのお花たち。
かわいい熊のぬいぐるみが付いていたり、ちっちゃい熊ちゃんが覗いていたり。
元気な熊太郎君のイメージ、明るいイメージ、熊たんが遊んでくれそうなかわいいお花などなど…
みなさんがそれぞれ熊たんのことを考えてくださったこと、本当に感謝しています。
私も元気になれます。どうもありがとうございました。

スポンサーサイト


コメント

  1. @優香 | URL | -

    Re: がんばったね ありがとう、熊たん

    最近全く家のPCを開けないので、フェレ友さんのブログを見るのが久しぶりだったのですが、熊たんは逝ってしまったですね・・・
    ご冥福をお祈りいたします。

  2. とも☆ | URL | -

    Re: がんばったね ありがとう、熊たん

    ◆@優香さん
    熊太郎のために祈ってくださって、どうもありがとうございます。
    熊たんはさきほどお空に昇っていきました。
    私のわがままで、亡くなってから随分長く一緒にいさせてもらったけど
    やっと身軽になって昇っていきました。
    お空の上からたくさんのフェレットちゃんたちのことを見守ってくれると思います。
    コメント、ありがとう♪

  3. aki | URL | -

    Re: がんばったね ありがとう、熊たん

    熊太郎ちゃんへ

    頑張ったね。お疲れさま。
    パパもママも
    お兄ちゃんたちもお姉ちゃんも弟も
    熊たんのこと大好きだよ。
    虹の橋からみんなのこと見守ってあげててね。
    天国のお友達とも仲良くね。


    ともさんへ
    熊ちゃんのご冥福をお祈りします。
    カナディアンのセーブルということで
    我が家の長男と一緒なので勝手に親近感持ってました。
    突然のことで胸中お察しします…
    いつか別れはくるけれど、ちょっと早すぎましたね。
    いつまでも、みんなの心の中で
    元気にクッククック♪言ってるかな。

  4. 通りすがり | URL | LWshcgts

    Re: がんばったね ありがとう、熊たん

    たまにHPを覗いてました。
    熊さん、とっても残念でなりません。
    1番最後に会ったのはいつだったかな・・・。
    とっても力強く、元気だったのを覚えてます。
    今頃は天高く、お空の皆と遊んでるハズ。

    心よりご冥福をお祈りします。



  5. とも☆ | URL | -

    Re: がんばったね ありがとう、熊たん

    ◆akiさん
    熊太郎への優しいメッセージ、どうもありがとう♪
    今頃たくさんのお友達と一緒に、クッククックいってるでしょう!
    甘えん坊ちゃんの恐がりちゃんだったのに、本当によく頑張ってくれました。
    もう頑張れなくなっちゃって、ゆっくり休みたくなったのかな。
    今頃は身軽な体になって、コロコロコ転がりまわっていると思います。
    しかし、早すぎですよねぇ…もうちょっと一緒にいたかったな。

    カナディアンセーブルって、愛嬌があってかわいいよね♪
    親近感を持ってくれていたなんて、とても嬉しいです。
    ありがとう^^

    ◆通りすがりさん
    熊太郎のことをかわいがってくれて、本当にありがとうございました。
    お世話になっておきながらこんな形での報告になり、申し訳ありません。
    力強い、元気な子でした。幸せをいっぱいもらいました。
    でも病には勝てず、あっという間でした。かわいそうなことをしてしまいました。
    もっと写真を撮っておけばよかった、ビデオも撮っておけばよかった。
    もっと抱っこしてあげればよかった、一緒にいろんなことしたかった。
    今更になってももう遅いことですが、熊たんと出来なかったことを
    他のフェレズたちと少しでも多くやりたいと思います。
    獅子丸、ひまわり、虎介、狸吉はみんな元気です。
    ひまわりは肝臓の数値がちょっと悪くて2ヶ月に一度通院していますが
    変わらずピョンピョン飛び跳ねていますよ。

    熊太郎のために祈ってくださって、どうもありがとうございました。
    また、コメントいただきどうもありがとうございました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hsh.blog4.fc2.com/tb.php/830-91ddb780
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。