FC2ブログ

実家のわんこ

2006年07月12日 17:55

昨晩妹からSOS
ビムの様子がおかしいらしい。
立てるけどあまり歩かず、背中あたりを触ろうとするとキャンキャン!
動こうとすると鳴いたり、お座りも出来ない様子。

う~ん、フェレならともかく、犬のことはさっぱりわかりません。
今まで2匹の犬を飼ってきましたが、その子達は病気知らずで
『ペットを病院に連れて行く』習慣がなかった我が家(実家)。
フェレと暮らし始めてからは、動物病院がみじかに感じられるようになり、
やっぱりアドバイスとしては『病院に連れて行ってみて』でした。

その後、ネットで調べてみたら、椎間板ヘルニアの疑いもありそう。
・ダックスフント、ビーグル、コーギーなどの犬種に多い。
・生後2~7歳で発症することが多い。
などなど… ビムに当てはまることがいくつかあったので、心配です。
こう見えても、ビーグルの血を引いているのさっ!
7.121.jpg

一昨年、実家で撮影した写真
7.122.jpg

ビム、早く元気になれよ!

おいしそうな春くん

2006年05月13日 23:57

フェレ友さんがわんこちゃんをお迎えしたというので、遊びに行きました。
こちらがそのワンコ、ミニチュアダックスフントの春くん
5.134.jpg

生後約2ヶ月のおチビちゃん。熊太郎より小さいかも?
一緒に写真を撮ってたんだけど、私は抱っこしていたのでありません。
残念!
5.133.jpg

骨格もフェレとは違うし(当たり前なんだけど…)、久しぶりに子犬のやわらかい毛の感触を感じて、なんだか不思議な感じでした。
チョコレートタンというカラーの名のとおり、顔を見てると鼻をなめたくなるほど、おいしそうなかわいい子でした♪

昨日はおしゃべりばかりで、写真はこれだけ!
とても楽しい時間をありがとうございました。
早くみんなで遊べるようになるといいですね☆



福岡滞在記

2005年12月11日 12:48

といっても、これといって何もしていません。
寒くて外に出る気もしないし…
熊本の実家に行って、天神に買い物に行ったくらい。
友達に連絡をすることもなく、東京にいるときと変わらない生活でした~
あ、年賀状つくりに来たんだった!
年賀状用に愛犬ビム君の撮影開始。

ビム君は受け口犬…かわいいんだけど、おくちがね…
12.111.jpg

もうちょっとかわいいかおしてよ~
12.112.jpg

ビムは正面よりこの角度がかわいいみたいです。
撮影用に新しい首輪に替えてもらいました。
12.113.jpg


う~ん、子犬の頃のかわいい写真を使おうかなぁ~

ちゅんちゅん裏話

2005年08月04日 18:43

2日間だけ我が家の子になったスズメのヒナちゅんちゅん
名前をつけたわけではないのですが、なんとなくちゅんちゅんと呼んでいました。
拾ってきたのはスペサンのクセに、世話したのは始めのご飯だけ!
もぉ!!
右足がちょっとおかしいのです。
chun2.jpg

我が家に来てすぐ量った体重は8グラム。次の日には10グラムになっていて、
私の手探りの子育てもちょっとは手助けになったのかとも思います。
たくさん食べて、足もちょっとしっかりしてきましたchun1.jpg

ごはんはネットで調べて、緊急の場合はドッグフードでもよいとのことだったので、フェレットフードでもいいのか問い合わせ与えていました。
フェレットフードだとたんぱく質が多すぎるので、栄養過多になりやすいが、緊急の場合は使ってもいいそうです。
次の日からは、指示通り目白(メジロ)のえさと小松菜をすりえさにして与えていました。

小松菜なんて初めて買いましたよ!
関東ではよく小松菜を食べるようですが、西のほうではあまり食べません。
250円で10束以上入っていました。ちゅんちゅんはこんなに食べないだろうなぁ…
それから、もうひとつ、ミルワームを与えなければならないとのことなのですが、なかなか売っていない!
やだなぁ、ミルワーム…

それから病院にいき、あっという間にちゅんちゅんの里親先が決まったのです。
ほっとしました。
我が家では飼ってあげられそうもなかったので、ネットでスズメのHPを探して、飼っている人にメールを出して事情を話し里親のお願いをしたりもしていました。
ちょうど病院にスズメを連れてきていたひとがいたので、この人に頼もうかなぁとかも考えていたのですが、あまりにもあっさり決まったので、ちょと拍子抜けしました。

そんなかんじで、2日間だけの仮のお母さんは終了。
後に残った大量の小松菜とメジロのえさ…
小松菜はベーコンとバターと醤油で炒めたら、あらおいしい!
簡単でおいしい料理を発見できました。ちゅんちゅんありがとう!
メジロのえさは実家にメジロがよく来るので、父に送ります。
大量のミルワームが残らなくてよかった~

ちゅんちゅんの里親先が決まったことをスペサンに電話しました。
スペサン「よかったけど、寂しくなるね」
   …。
はぁ?何が寂しくなるだ!! 必死に世話したのは私ですから!!

獅子丸たちには全く気付かれませんでした。
その頃の獅子丸は、記録更新、さらに頂点を目指していました。
ue.jpg

誘拐 ~巣立ちヒナのお話~

2005年08月02日 14:16

いつの間にか8月にはいっていました。
我が家ではちょっとした事件が起こっていました。

タイトルにある通り『誘拐』です。
誘拐してしまったのです。

スズメの『巣立ちヒナ』ってご存知ですか?
先週の土曜日、スペサンが勤務先の前でスズメのヒナを拾いました。
会社では育てられないからと、我が家につれて帰ってきたのです。
ご存知の通り、我が家にはスズメの天敵イタチがいます。
かといって目の前にある小さな命を見殺しに出来るわけはないので、
ネットでいろいろと調べたのですが…

びっくりしました。
スズメのヒナは保護しちゃいけない(場合がある)のです。

『巣立ちヒナ』といって、巣立ったヒナはしばらく地上で暮らすらしいのです。そこで飛ぶ練習をしたりしながら、親が運んでくるえさを食べて、やがて飛べるようになり、一人前のスズメになるそうなのです。
スペサンはその巣立ってこれから一人前になるスズメの子を『誘拐』
してきてしまったことになるかもしれないのです。

知らなかった…

そういったスズメを保護した人たちのためのサイトがいくつかありました。
そこの方々にアドバイスを請いながら、小さな命を守る生活が始まりました。
私は朝までパソコンにかじりつき、30分おきにえさをくれと鳴くヒナの仮のお母さんとしてえさを運びました。
始めはなかなか食べてくれませんでしたが、少しずつ食べてくれるようになり安心しました。しかしそれとともにこれから先のことが心配でたまりませんでした。

なんとかこの子を元の親に返したい。
昨日はスペサンが休みだったので、拾ったところに行ってみたところ親スズメが来ていました。
ヒナを地面においてやるとしばらくして親がやってきますが、まわりは道路に面しており、車の往来も多いのでやっぱりつれて帰りました。

右足がちょっとおかしかったこともあり、今日小鳥専門の病院に連れて行きました。
診察によると、この子はもともと(おそらくたまごの時点で)小さく生まれた子で、たとえ育ったとしても自然界では生きていけないだろうといわれました。
右足にも奇形があり、保護したほうがいいとのことでした。
我が家では飼えない事情を話すと、こういった子を保護している人がいるのでその方にお願いしようということになりました。

この2日間、とっても長く感じます。頭の中はヒナのことばかりで、他に何もすることが出来ませんでした。
ヒナがとてもかわいいことよりも、知らなかったとはいえ野生の世界に介入してしまったこと、そして勝手に入り込んどいて家にはフェレットがいるから飼えないという身勝手な気持ち、どうすることも出来ないけど何とかしたい、でもできない…頭の中から離れませんでした。
それでも数時間おきにチィチィと小さい体で一生懸命生きようとえさをねだるヒナ。涙が止まりませんでした。

結局のところ、このヒナは『巣立ちヒナ』といえるほど育ってはおらず、奇形もあったので保護に値するヒナだった、そして奇跡的に保護してくださる人が見つかったので、よかったと思っていいのかな。
スペサンも、良かれと思ってやったんだけど、オレはとても大きなおせっかいをしてしまったんだ…と落ち込んでいたので、スペサンのおかげであの子は命拾いしたんだよって伝えたいと思います。

長々と書きましたが、私が言いたかったことは
『巣立ちヒナ』を知って欲しいということです。
私のホームページはフェレットをメインにしていますので、フェレットを始めとするいろんな生き物が大好きな方たちが集まってくださっていると思います。
目の前にまだ頼りないヒナ鳥がちょんちょんと歩いていたら、思わず保護してしまうかもしれません。
でもその子は、先にも書いたようにこれから一人前になるために飛ぶ練習をしながら親鳥の運ぶえさを待っている『巣立ちヒナ』かもしれないことを知っていて欲しいのです私も偉そうなことはいえないし、聞きかじった程度なので、下のリンク先のサイトをお暇な時にでも覗いてみてください。
http://www.asterisk-web.com/sparrow_club/chon_top.htm

もちろん、巣から落ちちゃったような羽も生えていないヒナや、怪我をしている子は保護してあげるのが言いと思いますが、なかなか大変なものです。
とはいうものの小さな命を見殺しになんて出来ないですけどね。

なんだか思ったことをつらつらと、長々と書いてしまいました。
読んでくださってありがとうございます。
上のサイト、そしてこのサイトもお時間のあるときにでもぜひ覗いてみてください。
http://www.geocities.jp/suzumesos/index.html

この子が、私にいろんなことを教えてくれたヒナ“ちゅんちゅん”です
7312.jpg

ちゅんちゅん、ありがとう。
元気でおおきくなってね!


最新記事